中高年が求人探しに苦労する点とは

中高年の人間が転職市場に乗り出した時に、その上限の年齢は以前よりも上がってきているようです。人材市場の流動化は進み、有能な人材であれば高待遇を持って迎えられることも増え、そのようなキャリアの有る人間に特化したような求人サイトも出現しています。

しかし一般的なキャリアの中高年の人では転職には苦労しており、求人に応募をしても書類や年齢制限に引っかかってしまい、無碍にも落とされてしまっています。なぜそのような苦労があるかというと、やはり求人側の求める人材と応募している人間の持っている能力が、マッチしていないことが最大の原因です。中高年の人間が転職をしたいと考えた時には、手当たり次第に応募していくのではなく、それなりの戦略を立てないと簡単には就職は難しいものです。

ではその戦略とはどういったものでしょうか。
やはり年齢が有る人間に一番求められるのはリーダー的なポジションです。年齢が上の部下は上司も扱いにくいものですし、年齢が有る人間にはスキルはもちろんですが、勉強や学習では身に付けられない実務経験が求められてきます。周囲の人間をリードして、豊富な経験を活かしてどんな開発案件にもスムーズに対応できるリーダーが現場では必要です。

そのためには転職時にアピールできるような案件の実績を前もって作っておかなければいけません。必死になって実績にできる仕事を完成させ、その実績を転職の際の武器にしていくことが大事です。ただ、年齢で行き詰まりを感じ、今後は企業で働くことが困難というSEも多いのが現状。確かに定年説は囁かれていますが、転職以外にも独立する選択肢もあり、どちらにせよ中高年SEの経験値をアピールするのが最も有効です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です