年功序列時代を経験した中高年のギャップ

かつて年功序列が一般的だった日本のビジネス界では、若い人材が求められる傾向にありました。若いうちに企業に就職し、組織内でのキャリアを着実に積んでいくのが、出世の定番でした。

しかし、年功序列制度が崩れ、転職が一般的になると共に、事情が変わりつつあります。もう高年齢だからと、仕事を諦めていた人も、転職するチャンスが増えています。中高年の求人案件が増加傾向にあり、働く機会はまだまだ残されています。

中高年の求人では、年齢よりも実力を重視します。即戦力を求めるようになったビジネス界では、実力派の人材こそ貴重とその価値を認めています。新人の教育にコストがあまり掛けられない事情もあり、すでに仕事をある程度こなせる実力を持った中高年が重視されています。かつて年功序列の時代を経験してきた、働く高年齢者にとって、近年のこのような傾向には大きなギャップを感じるでしょう。

しかし、時代が変わるにつれて、ビジネスの流儀は変化するものです。
求人市場においても同様であり、このかつてと違う変化を上手く捉えての転職が有利です。すでにこのような変化を敏感に捉えているベテランたちは、積極的に転職を行い、キャリアアップを果たしています。
労働環境の良い職場を上手に選んで、得られる収入や待遇を高めています。確かに転職には失敗のリスクも伴います。
年齢を重ねると、よりリスクは増します。それでも転職は、今の時代にあったビジネスの方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です